IE6さまでだけ表示崩れした場合にまず確認すること

CSSでデザインを調整しているとき

絶対に問題になるIE6さま。(あえてさまです。)

そんなIE6さまで表示が崩れてた場合に

確認することをあげてみました。

描画モードを確認

ある程度作ってから見てみたら互換モードでした。なんていうオチも・・・

むしろ最初に確認すべきか・・・

条件付きコメント使用の有無を確認

<!--[if lt IE 6.0]>~<![endif]-->

みたいなやつ。

使ってて、別のCSSファイルを読んでるなら、そっちにスタイルが書いてあるかも。

崩れている要素と、その付近のwidthを確認

「その付近」がミソ。崩れている要素が悪いわけじゃないことが多い為。

崩れている要素も一応確認。

スクロールするとborderが消えるなんて場合は、widthを設定するだけで一発解決。

内容物に合わせて横幅伸びるの反則です・・・

ハックを使用していないか確認

スターハック(* html ~)や、アンダースコアハックなど。

ハックはあんまり使わないでおきましょう。

floatしているなら、その要素のmarginを確認

marginが二倍になる例のやつ。

clearがちゃんとされているか確認

clear忘れが原因の場合もあります。clearは計画的に。

とりあえず6個。

本当は10個ぐらいあげたかったんですが・・・

思いつきませんでした^^;(細かいものもあげればまだありそうですが)

以上で~す。

IE6さまの寿命はあと何年でしょうか。はやくしn(ry

コメントは受け付けていません。