CentOS 6をLet’s Note T5にインストールしてみた

正確には、CF-T5KC4AXSっていう型番の法人向けのLet’s Note T5で、無線LANが内蔵されていないやつ、メモリ増設などはしていないので、512MB。

元々はCentOS 5.*をインストールしていたのだけど、CentOS 6がリリースされたので、6.0に差し替えました。

が…どうもGNOMEが上手く動かない!起動しない!
サーバーだとGUIは不要だけど、開発環境とかで使うつもりだったのでGUIでないと…という感じ。

原因はどうやらメモリ不足のようで、リリースノートには、インストーラーの起動には、652MB以上無いと、CUIになりますよ。と書かれていますが、GUI関係はどちらにしろ652MBは必要のようです…

The installer needs at least 392MB of memory to work. Text mode will automatically be used if the system has less than 652MB of memory.

ということで、今回は5.6に戻すことにしました…

ubuntuに乗り換えた方が良いのかな?

追記

FB上で質問を頂いたのですが、他の環境だと上手くいっていて

多少の環境差はあるとはいえ、デスクトップPCにインストールしてあったVMwareで
CentOS 6用のイメージをメモリ1024割り当てで作った場合には
インストールもGUIで、すんなりとGNOMEも起動してくれています。

なので、ノートPCのメモリが原因と考えてます。

そういえばそのVMware上で、メモリ512MB割り当てでGNOMEの起動テストはしていなかったので、後で試してみます。

追記2

VMwareに、メモリ512MB割り当てで新しいイメージを作ってみましたが、なぜかGUIのインストール画面が出ました…
652MB未満だとテキストモードになるはずなのに…

ということで、VMwareはあんまり参考にならないかもです…

コメントは受け付けていません。