QRコードを生成するWebアプリを作ってみた

車輪の再発明なのは分かっていたんですが、既存のものよりは、シンプルで使いやすいと思います。特に複数URLのQRコードを作る時に。

QRコード生成ツール

使い方

とても簡単です。

  1. QRコードを作りたいURLを用意する
  2. そのURLをコピーして、テキストエリアに貼り付ける。(複数個も可)
  3. 表示されるQRコードを読み取るなり、名前をつけて保存するなりして利用する

仕組み

QRコードは、Google Chart APIを使って動的に生成しています。
JavaScriptでテキストエリアに入力されたURL(http、https)をChart APIに渡しているだけです。
とてもシンプルに出来ています。

ちなみに、JavaScriptはCoffeeScriptで組んでいたります。

複数のQRコードを1つずつ作ることが煩わしくなっていた方は是非。
もちろん、URL1つでも大丈夫です。

ご要望があれば、Facebookページや、Twitter、メールフォームなどからどうぞ。

コメントは受け付けていません。