再審査リクエストで分かったこと

先日の記事で再審査リクエストを投げたことをお伝えしましたが、その必要はなかったようです。

Google サーチ クオリティ チームからお返事を頂いたので、転載します。

http://webengineerlife.com/ のウェブマスター様
http://webengineerlife.com/ の Google のウェブマスター向けガイドラインへの準拠について、再審査リクエストを受け付けました。
サイトを確認いたしましたが、Google Webspam チームではサイトの掲載順位に影響するような手動での対応は行っておりませんでした。この掲載順位に関する問題は Webspam チームの対応との関連性はありませんので、サイトの再審査リクエストをお送りいただく必要はありません。
なお、その他の問題がサイトの掲載順位に影響することがあります。検索結果の掲載順位は、アルゴリズムと呼ばれる一連の数式を使用して Google のコンピュータが決定します。Google では毎年、検索アルゴリズムに多くの改良を加え、ページの掲載順位には 200 以上のさまざまな情報が反映されています。Google では最良の検索結果を提供するため常に更新を行っているため、Google のアルゴリズムが変わったり、ウェブサイト(あなたのサイトを含む)を変更することで掲載順位が変化する場合があります。
Google の検索結果でサイトの掲載順位が変わり、単なるアルゴリズムの変更が原因ではないと思われる場合は、その他の原因として、サイトのコンテンツ、コンテンツ管理システム、サーバー構成などに大きな変更がなかったか調査することをおすすめします。たとえば、Googlebot がサーバー上のページにアクセスできない場合や、サイトで大部分のページの URL を変えた場合は、サイトの掲載順位が下がることがあります。検索結果の上位にサイトが表示されないその他の原因については、こちらの記事をご覧ください。
問題が解決しない場合は、ウェブマスター ヘルプフォーラムをご覧ください。
よろしくお願いいたします。
Google サーチ クオリティ チーム

ということで、アクセス数が急激に下がったのはビックリしましたが、ペナルティやGoogle側のバグではなくて、こちら側の問題のようです。

地道に更新をして、情報の質を上げるしかなさそうですね…
これからも有益な情報を提供出来るように努力していこうと思います!

コメントは受け付けていません。