AndroidからiPhoneに乗り換える方法:手続き篇

事前準備篇では、AndroidにあるデータをどうやってiPhoneに移動させるかをまとめました。
今回は、事務手続きのあたりをまとめたいと思います。

MNP

何はともわれ、モバイルナンバーポータビリティ(MNP)の手続きを行います。
私の場合は、docomoからauへの移動だったので、My docomoからMNP予約番号の取得を行いました。
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法 | お客様サポート | NTTドコモが参考になります。

MNP予約番号はMNP先に伝える必要がありますので、メモしておくと良いです。

※My docomoのMNP予約番号が確認できるページが非常に分かりづらく、店頭で確認するのに時間がかかってしまいました。メモっていればとちょっと後悔

MNP予約番号は15日間のみ有効ですのでご注意を。

iPhone 5の予約

安定供給されるまでは、念のため予約した方が良さそうです。
私の場合は、予約を開始した14日の日にauで予約を行いました。

予約時に、MNPするかどうか聞かれるので、MNPすると伝えます。

auの場合、スマートバリューを使うかどうか、対象かどうか聞かれますので、適宜答えます。スマートバリューは魅力的ですよね。
私はスマートバリューを適用したかったので、自宅の回線もフレッツ光からauひかりに変更することにしました。

auひかりの手続き

ということで、スマートバリューにする場合は、auひかりの手続きが必要です。
スマートバリューは、auのスマートフォンとauひかり(ネットと電話)を一緒に契約することで、2年間毎月1,480円割引してくれるサービス。2年経っても980円は割り引いてくれます。(ちょっとわかりにくい…)

フレッツ光で特別なサービスを受けていなかったので、特に切り替えをためらう理由はありませんでした。
ただ、グローバルIPの固定化が出来ない点だけが、若干引っかかっています。どうやら半固定になるらしいのですが…

また、プロバイダーもOCNから@niftyに変更になりました。これも特別問題なしです。

ここまでが事前の手続きです。

iPhone 5の受け取り

事前の手続きが完了すれば、あとはMNPの手続きとiPhone 5の受け取りだけです。

通常だと2時間程度で手続きが完了しますが、私の場合は大きく3つの問題があり、6時間以上かかりました…

カード払い不可

いつも使っている楽天銀行デビットカードでは、月額利用料金の支払いに利用出来ませんでした。
楽天銀行デビットカードにて携帯電話料金などの月額利用料金を支払できますか? | よくあるご質問 | 楽天銀行
ということで、口座振替で手続きをすることに。

楽天銀行の手続き方法不明

メインバンクの楽天銀行で手続きを再開するも、今度は届け印の有無と印鑑の準備が必要とのこと。
結果としては、楽天銀行には届け印はないので、空欄で良かったのですが、口座開設時に印鑑を押したのか、サインを書いたのか、どちらも行っていないのかを覚えているはずもなく、確認に時間がかかりました。

docomoの料金支払い忘れ

やっと手続きが進められると思ったのもつかの間、今度はdocomoの方からMNPの手続きが出来ないとの連絡が。
出来ない理由をauの人に聞いても、au側では分からないとのことだったので、docomoショップへ。

結局は、料金の支払いを忘れていたようだったので、その場でお支払いして、すぐさまauへ。

その後は手続きを行っていただいて、Apple側の処理が追いついていないのか、2時間近く待たされ、ようやくiPhone 5ゲットとなりました。疲れた…

MNPで番号を移動すると、従来の携帯番号では連絡が取れない為、auからの連絡を受けることが出来ず、店頭に顔を出す必要がありました。これも疲労の原因かも。

“AndroidからiPhoneに乗り換える方法:手続き篇” への1件のコメント

  1. […] AndroidからiPhoneに乗り換える方法:手続き篇 […]